FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
お酒の仕込が始まりました!
麹の煙打ち!これも、杜氏さんのお仕事です。
ビンの中に麹菌がついた米があり、絹の布のふたをしてそこから振りかけます。
麹の煙打ち  麹菌を広げます

一定の温度に上がるように麹を打ったコメを箱に拡げます。
布をかけて、毛布をかけ、一つ一つに温度計を入れて
一晩温度が一定に上がるように管理して麹を増やします。
温度が一定にあがるように  一晩温度管理をしながら

この温度の部屋の中の作業。
杜氏さんは泊まりこみで24時間温度管理をします。
仕込が始まりますと数ヶ月間泊り込み。
この温度で一晩

一晩麹が増えた麹米と醗酵した酒母と混ぜ水をいれ
これを3回に分けて行います。
いわゆる3段仕込です。
麹米を酒母と合わせます  酒母

一度に合わせてしまいますと、醗酵しなくなってしまうそうです。
仕込みたてのお酒です。まだ、あまり醗酵していません。
甘酒のような甘い匂いがします。
仕込みたてのお酒

こうして、手創りのお酒が生まれています。
これから、2月頃まで、ずっと酒作りが続きます。
今から酒蔵にとって一番忙しい時期が始まります。

美味しいお酒ができるように、そして、その後もまた、でき不出来を
利き酒を繰り返しながら酒作りが続きます。
手創りが大変そうだな?って言いましたら、

皆さん楽しんでやっていますから、全然苦になっていないようです。
そりゃそうですね!好きだからこそ、できる仕事だし
美味しくなれって!出来栄えがよければうれしいし

結果がはっきりとわかる仕事だから、すごくやりがいのある仕事なわけです。
明日は、機械造りへと続きます!
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック