FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
今年のお酒の仕込が始まりました!
かぶら屋のお酒。岡山の喜平!今年の仕込が始まりました。
岡山のお米を精米。作るものによって異なりますが、
50%~60%に表面を削ります。そして、洗米。ここは杜氏さんのお仕事です。
精米 洗米
お米も洗米がすごく大事ですが、お酒創りも同じようです。
洗米は、溜め水で水を流しながら1分。流水で1分。

洗米後、水切り1分。計3分の洗米後に計量。
かごの上に広げて水切り。
ここで、一晩水を含ませます。
水切り 水きり

翌日、この大釜で1時間蒸し上げます。
蒸し釜 蒸し

神聖なる麹室。
蒸し工程 神聖な麹室

釜だしを行って放熱します。
釜だし 放熱

全体がある程度放熱が完了しましたら32度の麹室へ!
ここで山にされて、毛布をかけられ、全体の温度が同じになるように寝かします。
麹の部屋へ 麹室の作業

こうやって、手創りの大吟醸などのお酒が仕込まれています。 続く!
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック