FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
飲食店の儲からない構造!
常々思いますが、飲食店ってトドのつまり、
言い方はよくありませんが儲けのカス。
だから、儲からない仕組になっています。

色々な仲介業者があって、不動産にしろ内装設備にしろ
商品の流通にしろ・・・知れば知るほど
日本は高コスト構造になっています。

ですから、お客様へお届けする際は高いものについてしまうのです。
最近デフレということで値段が下がっていますが、
海外からの輸入に頼るものについては、結果として

日本の内部構造に変わりはありません。
不動産を借りるにあたっても、そこには管理会社、仲介業者
仲介の仲介、建設業においても元請、下請け、孫受け・・・

その他の流通においても同じことです。
メーカーが問屋さんから原料を仕入れ、加工して、一次問屋へ卸して
2次問屋さんは倉庫を借りて保管料や入出庫料を支払って仕分け料を支払い

その下請けの配送業者様に配送をしてもらう・・・
これだけの会社の手を借りて商品がお店に届くわけです!
高くなるわけですね~!

量販店は一つの商品の取扱量が多いですから、まとめ買いができ安くなりますが
飲食店は大根1本や玉ねぎ5個などこんなちょっとした量で配送となりますから
量販店で小売される価格よりも高くなります・・・

これでは儲かるはずがありません・・・
こんな儲からない飲食店の構造改革!
これが、我々のチャレンジするところであります。

by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック