FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
夏休みの記憶?何かありますか?
子供の頃の夏休みの記憶の中・・・
小学生の頃は毎年母方の実家へ毎年盆と正月は楽しみで
特に、母方の実家は海のすぐ近くで

夜寝るときも波の音が聞こえるような場所で
波が高い日はなかなか、寝付けず、そんな記憶があります。
とにかく、婆ちゃんの所では毎日海で遊んで

カニを捕まえたり、釣りをしたり、貝を採ったり
そして、年一回の相撲大会。
相撲には自信がありましたから、出たくて出たくて本当は仕方なく

毎年、見に行っていました。
残念ながら、出たいと一言が言えず、出たことはありませんでしたが
地元の子と混ざって海ではいつも遊んでいました

朝早起きして、船に乗せてもらい、定置網の漁を手伝いにいきますと
船の上で、獲れたアジを手で下ろしてくれ、海水で洗ってそのまま食べます。
これが、本当に旨いんです!

獲れたての魚は旨くないなんていいますが、そんなこと無いんですよ~
海水の塩味がこれまた、旨いんです。
確かに、活きたアジを凍り水につけて身を冷やしてからの方が

身がしまり、口当たりもよくなってそれはまた旨い!
ですが、船の上で食べる、自分たちで漁をした魚もまた格別!
船から下りるとバケツに魚を分けてもらって家に持って帰って食べるのですが

海辺の人は普通に朝から刺身を食べます。
昔の人はお昼になりますと、生では食べるな!
焼いて食べて、夜になると煮て食べる!

それが、当たり前。
この煮付けた魚を翌日に焼いて食べるとこれまた絶品!
それと、よくやったのが、アジの塩焼きを食べた後のお茶漬け!

アジの骨を使ってお茶漬けを作ります。
熱いご飯に食べ終わったアジの骨を頭ごと入れて、
ネギと醤油とわさびで熱い湯をかけて食べるのです。

そんな骨のお茶漬けも懐かしいな~
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック