FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
若者の消費税感!
床屋さん?(美容室)で髪を切っていましたら
隣の大学生と若い理容師さんの会話の中で、選挙の話から
消費税に移り、消費税問題を語っていました。

大学生は就活中で、4年生でしょうか?
理容師さんは24、5といったところです。
そんな若い二人が消費税について語っていました。

消費税の問題はこうした若い世代にも興味ある大きな問題で
お二人ともすごく考えてました。
イギリスのようにしたらいいんじゃないか?

消費税を17%もかけるものと、ベビー用品やミルクなどには無税
野菜を買う時など普段の食事には低率にして
わからないように、何気に高くかけるものと低いものを分けるように

そんな話で二人は納得されていました。
ほんと、自分も同じように思います。こういった、若い人にもこうした、考えが出ているのに、なかなかそういった議論が国会から聞こえてきません。

散々、赤字を作ってきた社会構造を今変えていかねばならない時に
財政の健全化を図るためにはやはり、諸費税の掛け方の論議は必要でしょう!
贅沢品にはそれなりの税金を掛ければ良い。

低所得層という区分けをしますとわかりにくいし境目は不公平になりごまかしに繋がる。であれば、消費税の形で、嗜好品、ぜいたく品、加工品には高い税率。普段の食生活において、最低限必要な米、野菜、肉、魚などは低率。

税率の基を決めるのには議論を呼びそうですが消費者にとってはわかりやすい。
そんな気がします。若い人が、こうして、政治を考えることに繋がる、選挙
訳のわからないことで政治が変わらない世の中をこうした若い声が聞こえる社会へ!

by tsukumo

いよいよ、明日朝はWC決勝!
楽しみですね~!
早起きして、後半から見ます!
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック