FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
郊外マーケット② 回転すし業界
回転すし業界の市場は外食産業の落ち込みの中唯一拡大している
市場規模は拡大しながら、淘汰が始まり、また新たなチェーンが生まれる
今、すき家のゼンショーグループの回転寿しがオープンラッシュ

古いグループが危機にさらされ、100円均一の回転寿しチェーンが
市場を制圧しつつある。
グルメ系回転寿しと100円回転寿し。

その中でも、強いチェーンに絞られてきている。
郊外のマーケットを見て歩きますと、そういった、勢いのあるチェーンと
勢いを失いつつあるチェーンがよくわかる。

10年程前に回転寿しの将来を考え、最終的に100円のグルメ化
間違いなく、そこに行く。
そう予測しておりましたが、間違いなくそうなって行くでしょう。

100円ショップダイソーのように100円を極めていきますと
本当に価値あるものになって行く。
ただ、現在のダイソーのように300円、500円へ行ってはいけない。

そこには、グルメ化、職人を育てる仕組がまた必要になり
そこが、物販との違い。
徹底して、100円でいくことで磨きぬかれたものになる。

回転寿しは寿しという業界の中で、唯一仕組み化しやすい業態
唯一の装置産業!
ゆえに、その装置を生かした企業が勝ち残ることになる。

均一価格の居酒屋も同じく、仕組み化して、工場化することで
また、新たな価値が生まれることになる。
今、均一居酒屋、はじまったばかりである。

by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック