FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
知識労働者の時代!
問題はいつも、現場にあり、お店のスタッフが
どうやったら、お客様が楽しんでまた、来てもらえるか?
各々がものを考え実行する

飲食店においては、一人一人が相手のことを想う従業員
お客様に喜んで頂き且つ、生産性を高める努力をし続ける
考える従業員・・・インテリジェントスタッフ?

お店は、ただ、お客様に喜んで頂くことを考えるだけではなく
お客様に喜んで頂きながら且つ、自分達の生活を豊かにするために
考える組織となることを目指す

言われたことをするだけの組織ではなく
以前からこうやっていたから、それをただ、引き継ぐだけでなく
如何に、お客様に喜んで頂きながら且つ生産性を高めるか?

事業とはやはり、こういったことを、考え続けることにある
故に、考えるための経験や知識を得ることも必要であり
他のお店を見ることや、他の業種、業態を見ること

本を読むことや、セミナーを受けること。
人の話を聞くことや違う業界の人と話をすること
世代の違う人と話をすることなど

考えるための知識や経験の引き出しを多く持つことである
そして、考え、実行できる環境を整えること
そのためのルールを設けること

徹底した生産性を高めた業態作りを目指し
ゆとりある飲食業界を作り、
より、知識や経験を積める時間を持てる産業を目指します!

by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック