FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
飲食店のアルバイトと期間工
先般、自動車業界の派遣切りや期間工問題が話題となっておりました。
飲食店も同じように、この期間工・・・飲食店で言うところのパート
量販店や物販業などにおいても同様。

店舗や工場においても同じように非正社員の雇用に助けられている。
非正社員によって、繁閑の差を補うわけである。
営業中心の会社や研究所など研究者なども

社会の好不況に合わせて雇用調整を行えるところはありません。
ですから、よく、飲食店は儲かるなどといわれるのですが・・・
社員の雇用が少ないから、儲かる!そんな風に見られております。

しかしながら、この、パートタイムという働き方を
上手に使わなければメリットが生きません。
働く人も、雇用する側もメリットある雇用形態をよく理解しなければいけません。

働く人は、短時間の労働しかできない環境。学生や主婦など・・・
そして、雇用側は、忙しい時間帯だけ、やることがある時間帯だけ
働いてもらいたい!

自動車業界と同じです。売れないときに、正社員では解雇できませんが
期間工で雇用調整を行うのです。
そして、期間工・・・専門職でなくてもできる仕組を作るのです。

飲食店も同じ。この雇用形態を生かすためには
アルバイト、パートの方でもでき、そして、接客など、
かえって、不足しがちな女性の従業員を補い、女性を活用することで

お客様への細かな気配りを行う。
暇な時にスタッフがたくさんいるお店・・・
このメリットを生かせておりません。

繁閑の差。飲食店には、日々起こります。
売上を上げない時間帯に人がいる・・・
細かな、シフト管理が求められます。

by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック