FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
お好み焼き きじ
お好み焼き きじ

東京駅のTOKIAなる丸の内のオフィスビルへ行ってきました。
中のお店を見て歩きましたが、夜のオフィスビルは閑散として
目的を持ってお店に来ている人ばかり

その中に、行列の店が2店舗
一つは、”つるとんたん”六本木とかにあるうどんやさん
そして、もう一軒が大阪のお好み焼き屋さん”きじ”

6時半に行列でしたが少し空いていたために入ってみました
外で並んでいる間に注文を聞きにきてオーダーします。
10分ほど並び中に入りますと店の活気にびっくり

そして、お店の人のちょとした気遣い、お声かけ・・・
荷物は匂いがつかないように椅子の下に収納
職人さんが全て焼いてくれる、関西のお好み焼きのスタイルです

椅子に座りますと、お飲み物をオーダーししばらく、カウンターで
調理の妙技を楽しんでいる間に焼きそばが仕上がり、
関西弁でちょっとした気遣いがまた良い感じで・・・

カウンターで見ている間、楽しく、わくわくしてきます。
厨房のレイアウトも考えられています。
よくできていますし、40席ほどの店内にスタッフが10名

みな、よく、気がつき動いています。
ちょっとしたことなんですが、ビールが飲み終わりそうになっていますと
何かお飲み物お持ちしましょうか?

お断りしますと、お水お持ちしましょうか?
お水の時には爪楊枝とナプキン。欲しいものがすっと出てきます。
そして、お帰りの際、カウンターの隅のほうですみませんでした。

オオキニ!またお越しください。そう声をかけてくれながら
申し訳ございませんと、こちらからお回りください。
それが、車椅子の方を気遣っての一言でした。

入るときも、何故こちらから?って思って入ったのですが、出る時も
さりげなく、カウンターから同じように車椅子の方を気遣い
一人一人、アルバイトに至るまで全てのお客様に対して

気遣いがあります。そして、厳しい顔をしながら調理しながらでも
お客様に対しては本当にいい笑顔で毎度オオキニ!
素晴らしいお店でした。流行る意味がわかります。

良いお店でした!
大阪の本店が口コミでたくさん出ていますが、こちらは、ご主人のキャラ
いずれにしてもただ、お好み焼きを売っているのではない。

そこに、人がいて、お店の空気が出来上がっている。
ご馳走様でした。
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック