FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
明日からはや2月!
1月は2号店と高田馬場店の改装により、両店とも良い感じ!
高田馬場店はこんな時期にでありながら、かなりの前年アップ!
客数が大幅に伸びています!

先日は、5号店が1月のこの季節に最高記録を作り
年が明けて、だいぶ、光を放つ店長が目立ってまいりました!
2月がまた、楽しみです。

経済環境として、製造業においてはだいぶ盛り返してきている模様
しかし、末端の小売業、内需においては今が一番悪い環境と言えるでしょう。
大手百貨店の閉店のニュースやスーパー各社の値下げ競争

先ほども、値下げ戦争を報じておりましたが、相手との共存ではなく
相手を潰して自らが市場を占有するまで、そんな戦いとなっております。
過去、家電量販店の業界においては、競争相手がいたから、お互いに成長した

ヤマダ電機さんと、コジマ電機さん。さくらやさんとビッグカメラ、ヨドバシカメラ
こうして、お互いが競争し合い成長してきましたが、
今は、潰しあいとなっております。

ビッグカメラさん徒競走したさくらやさんが先日、
その名がなくなることが報じられ、そのビッグカメラさんも今は
ヤマダ電機さんに押されているような環境

電機業界は相手が大手の家電メーカーですからまだ何とかなりますが
スーパーの生鮮野菜、鮮魚、精肉などは結果として生産者を潰す結果となる
儲からない野菜は作らなくなりますし、野菜や鮮魚の流通は

市場を経由した委託販売形式であるために、市場に出荷したものは
スーパーさんの無理な値下げ交渉は市場での荷受へ及び
委託販売している生産者が結果としてしわ寄せがくることになる

高齢化した生産者は他の流通ルートを組み立てることができず
結果として後継者がいなくなる。
こうした、厳しい環境こそ、生産者と共に新たな流通の仕組を構築し

共生し、共に成長し、共に楽しめる
そのような、共生!というキーワードが必要な時代である。
自分達だけがよければ良いなんていう、勝ち組的な考え方なんてありえない!

by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック