FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
投下資本利益率(ROI)
こんな話になりました。
飲食業ってFLが大事だとか言いますが
家賃比率が10%を超えたらダメだとか言いますが???

そうじゃないんです!
Fコストが10%や20%のビジネスもありますし、
Lコストが10%や20%もあります。

家賃比率が20%のお店もあるのです。
自分のお店の指標はFLPというものの見方をしております。
それは、投資コストが低いビジネスですから、減価償却や返済コストは

あまり、負担にならないから・・・
FLP(フード・レーバーコスト・プレイス)だけを考えればOKなのです。
しかしながら、飲食業という考え方をした時に必要なことは

お店を作るのに大きなコストをかけていれば当然ながら回収しなければいけません。
そこで必要な考え方が投下資本利益率(ROI)なのです。
最終的にいくら投資して、いくらの収益が上がるのか?

そこしかありません。
Fがいくらだからとか、Lがいくらだとか、P家賃比率がどうだとか・・・
そんなことじゃなく、いくらの収益が上がるのか?(笑)

そういうっことなんです。
このビジネスがどれだけ続くのか?
このお店は継続できるお店。業態であればROIが低くても構いませんが

流行を追ったビジネスであればROIが高くなければいけないわけです。
判断基準は結局のところそういう事なんです。
5年で回収のビジネスなのか?3年回収?1年回収?

業態によっての判断となります。
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック