FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
サラリーマンでいながら独立開業
かぶら屋は女性が中心。

こんな独立の仕方はいかがでしょうか?
サラリーマン家庭では、奥様が昼間パートへ出て、共稼ぎ世帯というのは非常に多いと思います。
奥様がパートで働くのなら、近所の友達を集めて、一緒にお店を開いたらどうでしょう?

友達同士で開いて失敗するケースは多くあります。
原因はまず、ノウハウがないシロートの店となるから、しっかりと稼げるお店になりません。
趣味の店ではやはり、長続きしません。

だからこそ、フランチャイズ加盟です。

インフラは本部に任せ、お店をやるという自分たちのやりたい部分に特化することができます。
中心になるメンバーで資金を出し合います。
もちろん、それぞれが調達をします。

この場合、サラリーマンであるご主人が保証人となりますと資金調達がスムーズです。
サラリーマンのご主人の信用力というのはすごく大きいものです。
昼間の仕込みについては、友達関係をパートとして使い、それぞれが時給で働きます。

夜については、アルバイトを雇い、資金を出しているメンバーが中心となり、当番制で店舗運営を行います。お子様の手がある程度離れている家庭なら、週2~3日づつは夜の営業に出れますよね・・・!

かぶら屋の場合は3~4名で十分運営が可能ですから、3名の主婦が集まって運営を行えば、その他3~4 名のアルバイト採用で運営が可能です。

夜の片づけ、〆作業はご主人が手伝って、経理業務も得意な方が行う。
こんな、やり方で、収益を各家庭で分配する。または、会社組織として、収益を分配するのも良いでしょう。

パートで働くよりも、自分の店の方が楽しみながら仲間と働けます。
また、自分の店だと一生懸命になり結果、成功した時の喜びも大きいものとなります。

年をとっても働けます。近所の年寄りを集めて昼間の仕込みをやってもらっても良いですよね?
ご主人がサラリーマンのまま独立する! ここがポイントです。

ご相談ください。
(株)フードゲート http://www.foodgate.co.jp

by tsukumo
スポンサーサイト



かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック