FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
味覚の変化
先日、研修の中での出来事。
おふくろの味って何ですか? ほっとする味って何ですか?
こんな質問に対する声。

両親が共働きでそういったものは特にありません。
一緒に住んでいないのであまり感じません。
そんな、声がありました・・・

そうだろな~益々こういう世代が増えていくのだろうな・・・
淋しいですが、お袋の味や、家庭の味、何かほっとするそんな味
そういったものが、徐々に消えて行ってしまうのかな~

味覚においてもかなり、心配です。
日本人の微妙な感覚と言いますか、味覚が薄らいでいく。
そんな気がしてやみません。

ファストフードの新商品が出ますと味を見るようにしておりますが、
最近の味は異常に濃くなってきているように感じ、
味覚音痴を助長するのではないかと危惧しております。

マックリブ・・・何で味がこんなに濃いのだろう?
ロッテリアのフルポテ・・・異常な味の濃さです。
子供でも、味が濃いといいますから・・・

それでも、こういった商品を食べ続ける今の子供たち・・・
間違いなく微妙な味の違いや旨みを感じるといった
日本人の素晴らしさが欠けていくように感じます。

我が子供たちも同様。
おにぎりの具材の人気はミートボールやシーチキン。
ハンバーグやサケフレーク・・・すべて加工品です。

我が家はそれでもまだ、かみさんの味があります。
これも、お袋の味となるんだろうな~って思ってますが
パンとカレー。 そして、自分と共作の餃子。

家に帰った時に何かほっとする。
そんな空間であったり、味であったり
微妙な味の違いや感覚大事にしてほしいな~

こんな、加工品ばかりを食べ続けていたら・・・
食育!お母さんたちへの食育が必要なんだろうな~
だからこそ、私たちの世代がそして、飲食店が

本当の味や文化、物の本質を継承していく。
そんな役割とならなければいけない。

by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック