株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
国税からの指導による値上げについて
6月に国税からの指導により
ビールの値上げという報道があり、小売の方では
5月に値上げ前の買いだめによって6月は20%減の報道がありました

ビールの価格については値上げを行っているところと
大手でも値上げをしていないところなどもあるようです
量販店はナショナルブランドを販売すると、こうした行政指導が入りますので

プライベートブランドに力を入れている方向に進んでいるようです
350ml缶で通常200円前後のNBの缶ビールですが
PBですと150円前後と行政指導が入って値上げしたことにより

PB商品との価格差が大きくなり、結果としてNBの販売数が減少して
安いPB商品が増えるという状況になれば、税収がプラスとなるのか?
そんな心配をしてしまいます。

小売業は仕入価格に合わせて値上げして販売するだけですので
それよりも価値ある商品を開発してPB商品を売るチャンスとなりますが
逃げ道の無い飲食業は値上をもろに受ける結果となります

PBのビール・・・クラフトビールのようなビールも良いですが
普段飲むビールはNBの慣れたいつものビールを飲みたいものです

今回の問題、携帯電話の販売でも問題になりましたが
仕入れ値よりも安く販売して、販売奨励金をあてにする商売の仕方

たくさん販売するところは安く仕入れられる
これは当たり前のことであると思うのですが
大量販売するところに安く納めるのでなく、販売奨励金なるリベートとするから

指導が入るのであって、お取引先によって
納める価格を変えるという明瞭な手法にしたら良いと思うのですが?
1次問屋と2次問屋そして酒販店・・・
こうした日本の商流が作る歪みによる問題なのでしょうか・・・
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック