FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
今年もまた最低賃金がアップ
脱デフレ政策の基、今年も最低賃金がアップするようです
現在東京では932円
ここから、20円超の値上げということですので

東京では950円を超える最低時給ということになります
実際のアルバイト募集時の平均時給は1,047円となっているそうですが
募集の賃金=スタート賃金ではなく

一般的に研修期間を設けているところが多く
弊社でも昼間の時給は950円のスタートになっています。
脱デフレをしていくには働く人の賃金を上げていくのはもっともなことですが

パート、アルバイトの時給が上がっても、年間の扶養控除の上限がありますので
そちらを早急に変えないと、ギリギリで働いていた人は
更に働くことができなくなりますので、
店側にとっては、その分の雇用人数の確保が必要となります

労働人口が減少する中で、この問題は大きく
PAの方は1時間当たりの賃金が上がることで労働効率は高まりますが
店舗の生産性が上がることはなく、むしろ、新しい人の雇用を増やすことは

それだけ、教育の時間が増えることになり、
店舗の生産性は下がってしまうことになります

将来に向けて生産性を高めること
これが必須課題となります
先般、5円引きの自販機を目にしました

これも、生産性を高めるための一つの方向です
なぜ?5円引けるか?
現金では買えない自販機だからです

駅の自販機ですので、スイカ対応のみ
スイカでしか買うことができない自販機となり
自販機の設置者としては、お金の回収を行う必要がありません

これは、大きな進化です
自販機でジュースの補充だけで済み、納品の効率も
金銭管理も不要となり、ダブルの効率化が図れています

我々業界も大きな進化が必要となって参ります。
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック