株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
明日からビール等、酒類の値上げ
テレビ等での報道がありますが、
明日、6月1日からビール等の酒類の一部が値上がりします。
卸売りの会社さんがメーカーさんからもらうリベートをあてに

仕入価格よりも安い価格で酒販店や小売店へ販売
小売店や酒販店も同様に、仕入れ価格よりも安い単価で販売
こうした、日本の商慣習の見直しが政府主導で見直しがされます

目玉商品という形で特売に使ったり、飲食店でも生199円という販売の仕方など
単品では赤字でも、トータルで見合えばという考え方は
小売業でも飲食店でも粗利ミックスというのは商売上当たり前のことなのですが

リベートという商慣習によって、消費税が減る?
そんな理由からでしょうか?
国税局が主導で厳しい処罰(酒類免許取り消し)まであるそうです

小売店の場合は、明日から値上げと酒販店からの見積もりが入れば
その場で、売価の変更が可能ですが
飲食店の場合にはそういう訳にはいきません

メニューの価格改定となりますと、メニュー版の印刷等
かなり、大変なことになります。
今回の値上げは、従来の値上げ幅と違い、すごい値上げになるようで

近々の内に、飲食業界でも価格見直しが行われることとなります
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック