株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
コンビニがセルフレジの導入
2025年までにコンビニがセルフレジの導入を図るとの報道がありました
今のようなバーコードではなく、商品すべてに共通ICタグを取り付け
買い物かごを載せるだけで読み取られるというシステムです

ETCで高速道路の支払いが無人化したように
コンビニやスーパーも一斉にICタグが全商品につけられるようになりますと
レジでの会計が格段に速くなります

レジで並び、ゆっくりとバーコードを読み取ってかごに入れ替えて精算する
今のレジで並ぶことから解放されることになるのです
全社が共同で共通のICタグを導入することで一気に進むことになります

レジの人材の確保から、レジ教育から解放されます
お客様にとっても店側にとってもこれはものすごい大きなことになります
小売業はこのように、革新的な改革が進みますが

飲食店ではどうでしょうか?
大手のチェーン店がセルフレジを導入実験を始めていますが
費用対効果で大きなお店でないと難しいように思います

自動釣銭機は今後、間違いなく普及することと思います
これは、お金を計算するという業務からの解放です
飲食店においても、これからの時代に向けた
革新的な業務改革が行えるようなシステムの開発を行っていかなければいけません
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック