株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
商材の値上がり
野菜の高騰などが騒がれておりますが
夏の北海道での農作被害による玉ねぎやジャガイモ
世界的なイカの不漁等かなり、かぶら屋にとっても大きな問題になってきております

特にジャガイモについては、ポテトサラダ、ジャガバタ、いもフライ
おでんにも使用しており、年明けの供給が難しいという状況にまで来ております
ジャガイモはポテトチップに国産のジャガイモが使われておりますので

菓子メーカーが原料の買い集めを行っており
その煽りで、我々が使用する種類のジャガイモが枯渇の危機を迎え
色々な種類や産地のものを現在あたっておりますが

かなり、厳しい状況にあり、来期、メニューからポテサラが外れる可能性も出てきました

次にイカですが、これも、他の種類のイカを色々と試しておりますが
安定供給されて、かぶら屋の値段100円の串で提供できる商品が厳しく
これは、年内の供給危機に陥っている状況

イカのメニューが消える危機が迫っています(vv)
異常気象や乱獲、円安、様々な要因で不安定な状況が起こります
いつでも、安く、美味しくご提供できるように柔軟に対応して参りたいと思います。

by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック