株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
受動喫煙対策
厚労省は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた受動喫煙対策として、飲食店などでは、原則「建物内を禁煙」とする方針。

こうしたニュースを聞きました。
先般、お客様からと、アルバイトを希望する学生からも問い合わせ頂き
受動喫煙について、どう考えるか?

その対策について聞かせてもらいたいとのことでした。
現状については、小さな居酒屋であり、分煙するようなスペースは作れず
かといって、煙草を吸われる方の方がまだまだ多く、

我々規模のお店、会社が健康増進法第25条により禁煙となりました
なんて、言いますと、間違いなく事業の継続ができなくなります
分煙としましても、喫煙ルームがあるわけで、本当の対策にはなりません

自分も煙草を吸いませんので、できれば禁煙となることはありがたいのですが
喫煙家にとっては、家でも吸えない、会社でも吸えない、
唯一、気兼ねなく吸えていた大衆酒場

そこでも吸えないとなりますと、吸えるお店に行くとなります
現状での対策としては、お客様への配慮をするくらいしかしておりません
それでは、受動喫煙対策ではありません

カフェではスタバが当初から禁煙
これは、吸わない我々にとっては、うれしいことでした
タバコ臭いお店は行かない・・・自分のカフェの選択肢です

カフェでは高校生のアルバイトもいるために親から苦情を受けた
そんな話も聞いています。
自分も同じように子供のアルバイトについては、そのように心配します

全てが、吸えない場所となってもらえれば、その環境が当たり前となります
分煙スペースを作るにはスペースも費用もかかります。
そうしたものを造ることができる業態ならいいのですが

できない業態も多々あるわけです。
一時的には、大衆酒場での禁煙条例は大きなダメージになると思いますが
必要なことだと思います。

体に悪いと政府が言っているのですから
世界に向けたポーズではなく、考えていくべきだと思います
皆のストレスなく受動喫煙を無くすにはタバコの大幅な値上げだと思います。

1箱2,000円にすれば、半数くらいにはなるのではないでしょうか?
もっと言えば、10,000円になれば、受動喫煙を騒がなくても
吸う人が激減すると思います。

愛煙家の方には怒られるかもしれませんが
健康増進法第25条など制定するのであれば
施設側に求めるのではなく、タバコの販売をやめるとか
タバコを吸う人が自然と減るような対策をとってもらいたい
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック