株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
チャンスロス
コンビニが欠品ゼロに向けて10年ぶりにシステム導入
そんな記事が以前出ていました
コンビニの商品はその商品がなければ、代替品が売れるか?

と言えば、今の時代、周囲にいくらでもお店がありますので
買わずに他のお店に行ってしまうお客さんも多数いることと思います
今回の記事の中では品切れに気づかない一般商品の注意喚起

そんな内容でしたが、お昼時を外した時間
飲食店で言えばアイドルタイム
この時間はもちろん、食事の需要が少ないわけですが

逆にこの時間にしか行けない人
この時間だからコンビニでおにぎりやサンドイッチを買う人
いると思うのです

お昼時に食事に出られず、15時くらいになってしまいますと
お昼は簡単なものに・・・
そんな時に便利なのがコンビニですが

そんな時間に行きますとほとんど何もない!
そんな場面がしょっちゅうあります
特に自分がはまっている玉子サンド・・・

この商品がないだけで、コンビニを歩き回ることに・・・(vv)
特に祭日に品切れが多いのです・・・

目に見えないこうした不満
目に見えない離客・・・
チャンスロスは恐ろしい

お客様は何も言わずに離れて行ってしまうのです
美味しくないものが提供されても同じ
お客様は何も言ってくれません

ただ、立ち去るのみ
二度と来なくなるだけです
だからこそ、細かいところにまで気配りが必要なのです

細かなところにまできれいにすることや
細かなところに目を配ること
一つ一つの商品に想いを込めること

細かなところに目配りが無いお店は
立ち去るお客様に気づかず売り上げの落ち込みが始まるのです
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
蒼士様
いつもありがとうございます。
2016/10/15(土) 23:21:47 | URL | tsukumo #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/10/15(土) 16:52:04 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック