株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
人が変わらないお店
何年経ってもいつも変わらぬ人がいて
いつでも、同じサービスと変わらぬ味が提供される
飲食店において、これこそがうれしいおもてなしなのではないでしょうか?

先日、そんなお話しを頂きました。
まさしく、かぶら屋が目指すところです
学生時代にアルバイトしたお店

昔、毎日通っていたお店
食事をするお店でも、一杯やるお店でも
そうしたお店がいつまでも同じように営業されていることほど

うれしいことはありません。
名物おばちゃんがいるお店
名物ご主人がいるお店

当時は若くてちゃきちゃきしていたけど
そのまま、年齢を重ねて
変わらぬ味と、変わらぬ雰囲気を提供し続けてくれる

うれしいですよね・・・
70になっても80になっても働けるって
そうしたお店を目指したい

残念ながら、直営店の店長は巣立っていきますが
バディが結婚しても、子育てしながらでも
子育てが終わって、年をとっても働き続けられる

そういうお店でありたいと思います。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック