株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
できる人とできない人の違いは何?
かぶら屋は独立の支援を行っておりますが
入社して、全ての人が独立を果たしているわけではなく
想い半ばあきらめて、離職してしまう人も中にはいます

その中には、入ってすぐに離職する人
調理試験に合格できずに離職する人
店長試験に合格できずに離職する人

店長から降格して離職する人
店長でありながら、離職する人
非常に残念ではありますが様々な理由で離職する人がいます

能力的な問題もあります
体力的な問題もあります
しかし、このどちらも、本来は克服ができるのです

体力的な問題で、続かない
確かに仕事を覚えて教えられるようになるまでは大変かもしれません
しかし、仕事は自分一人ではできませんから

人を育てられるようになれば良いのです
人を育てるのが苦手な人であれば
人材育成に長けた人と一緒にやるか、そういう人を育ててしまえば良いのです

能力的な問題も同じことです
全てに長けたスーパーマンはいません
自分の足りないところを補う仲間を作ることです

自分の足りないところを補ってもらえる仲間
それが、バディです
皆、自分に持っていないものを持っているのですから!
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック