株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
従業員という日本語
どうもこの従業員という呼び名が好きではありません
先日、社内の会議で従業員という言い方を禁止用語にしましょう
そんな提案をしました

労務関係や法律上の用語にはこの従業員という言葉が出てきますので
会社の役員と従業員という呼称は公式用語としては存在するのですが
この漢字の一つ一つが何か?問題のように思ってしまいます

漢字を訳してみますと、業に従う者となるわけです
言われたことに従う者のような印象を受けてしまいます
特に、店長や上司が部下の事やお店の他のメンバーに対して

従業員という言葉はすごく違和感を感じます
英語を調べてみますと、employeeという単語がこの従業員にあてはまり
よく使う、スタッフstaffは職員、部員、局員でちょっと意味合いが違うようです

どんな呼び方をすべきなのか?
考え物ですが・・・いずれにしても、業務に従う者ではなく
一緒に考え、一緒に働く仲間であってほしい

そんな想いの当てはまる言葉があれば良いと思います
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
蒼士様

いつも、コメントありがとうございます。
そうですね・・・アルバイトをパートナーと呼んでいるところもあります
主業員としているところもあると聞きます。
こうした呼び方ってやはり、大事ですよね
2016/07/21(木) 17:02:24 | URL | tsukumo #-[ 編集]
こんにちは、蒼士です。
その感覚、すっごく分かります。
自分も社労士資格を持っているのですが、この従業員については、違和感があるので、パートナーとかそういった言葉を使うようにしています。
この違和感をなくすいい言葉があるといいですね。
それでは応援して帰りますね。
2016/07/21(木) 06:17:33 | URL | 蒼士 #nLnvUwLc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック