株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
商品販売データ⑤
お客様に商品をただ選んで頂くだけのお店
スーパーやコンビニはまさしく、
店員さんがお奨めをするわけではありませんから

お客様が知っているものや買いやすいものが売れていきます
ですから、売り場作りが非常に大事になりますし
売り場の作り方によってこれまた、売れ筋が変わってしまいます

目に入らない位置に並べればもちろん売れませんし
ちょっとしか並んでいなければ売れる量も変わります
ボリューム陳列とよく言いますが

山積みされてさも、売れ筋のように並べられますと
売れている商品のような感覚になり
手に取ってしまいます

このように、商品の販売数、販売データは
実際は現場を見ないとわからないことがあります
しかしながら、売れる商品が売れていないということについては

前述のようなお店の陳列の仕方、売ろうとしていない状況などが
見えてくるのです
その他、お肉は誰でもが殆ど知っているものが売られていますが

魚は知らない魚が多く、また、その調理法がわからないことが多く
知っているものしか売れなくなります
売れ筋が決まってしまいます

昔の魚屋さんのように、対面販売であれば、その調理法を教え
今日のお奨めの魚を紹介してくれますので
これによって売れ方が違うのです

飲食店も同じです。
対面販売の飲食店とタッチパネルや写真のメニューを見てオーダーするお店とは売れ筋が結果違ってくるのです

対面販売=接客が伴うお店では、その良さを活かさないと
結果としてお客様の知っているものしか頼まなくなり
お店の本当のお奨めが伝わらないお店となってしまうのです

お店の売り物、自分の一番のお奨めをお客様に伝え
お店の良さを知ってもらうこと!
そうすることで、お客様も喜んで頂き、帰り際に美味しかったよ!

そんな声を頂く事ができるのです
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック