株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
誇りを持てる仕事ですか?
先日、ある経営者のコメントで
「経営で大切なのは社員が楽しく働き
誇りを持てる会社にすることだ」

そんなコメントがありました
「楽しく働き、誇りを持てる会社にすること!」
そこに尽きると思います。

注釈で、楽しく働くとは、毎日パーティーをしたり
楽したりすることではなく、困難なことに挑み
厳しさを通じて達成する楽しさとあります

自分も一人一人に言っています。
「自分の子供、家族に対して、誇りの持てるお店
誇りにできる会社を作って行こう」

ある時、「あの橋は自分が作った橋なんですよ」
建設関係の方がそうお話をされていたことに思いました
建設業界の人も、そうした良い仕事、自慢できるようなこと

そこなんだな~って
大きな会社で働いている人は、○○銀行で働いている
○○商事で働いている、テレビ局で働いているなど

大学にしても同じく、自慢できる大学を出ていますと
それを、言いたくなるわけです。
仕事も同じ!

それを成すのは自分です!
自分達が磨いていかなければ、自慢できるお店にはなりません
自らが自慢できるお店、会社を創るのです。

「一人一人が看板を背負う自覚と責任を持ち行動すること!」

これは私達の行動指針の一つです。
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック