株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
店舗を回っていて感じること
新年の挨拶で各店を回っておりますが
お店に行って感じること
何度も何度も言っても改善されないことが多々あります

そして、直営店から育った店長が人を採用し人材育成を行っていますが
そこが伝言ゲームのようになっておりますと
お店が崩れて参ります

想いが伝わらなく、まったく違うものに変わってしまうのです
なぜ?正しく伝わらないのか?
やってはいけない事を繰り返してしまうのか?

そんな話を本日、店長会でお話をしましたが
教えているのですが?
言ってはいるのですが?

ましてや、何も言わないお店
人がいないから?人を採用できないので・・・
様々な理由によって、約束事が崩れて参ります

一人、一人が何故を理解する。
どうして、ルールが存在するのか?
どうして、髪の毛を前に垂らしてはいけないのか?

髪の毛を触ってはいけない理由は?
この理由をよく理解させられないと、同じことを繰り返します
かぶら屋では、男だけでの営業を禁止しています

なのに、人が集まらないから?
そんな理由で、男だけのお店になっているお店があります
かぶら屋とは?

それぞれが、かぶら屋というスタイルを追求し続けること
そこが無くなってしまった時に、崩れ始めます
一人一人がかぶら屋をよく知り、徹底し続けることです。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック