株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
ITがどんどん進化しAI技術が進化する中・・・
ロボット産業やAI技術、ITが日々進化する中
10年後には0.8㍑の体積で
ヒト一人の頭脳に匹敵するスパコンが開発できるそうです

2045年にはAIの性能が全人類の総和を超える
「シンギュラリティ(技術的特異点)」がやってくる
こうした事が予測されています

こうした技術革新が起こることは予測されていることで
間違いなく、現実になって行くことでしょう
その未来に対応していくためにはどうしていくのか?

今のグーグルの音声変換技術を見てみますと
言語の同時通訳はごく当たり前のこととなり
もっと、精度が上がっていくことは間違いのないことです

こうなりますと、今の子供たちの英語教育は果たして必要なことか?
幼児から英語に触れて・・・と言いましても
子供たちが20代となり仕事を始めるころには

世界中の人と普通に会話が可能な
同時通訳機が出ているかもしれない
そんなことも考えられます。

次の時代に予測されることに対してどう、対応していくか?
10年先の予測は現実となります
そこに向けて、どう考えていくか?

年末となり、新年を迎える今、考える時・・・
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック