株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
アメリカU-40起業家、寄付の主役
今朝の日経記事にFB創業者のザッカーバーグ氏が5.5兆円の寄付の記事が出ておりましたが、ビルゲイツ氏はじめとする慈善家の主役が変わってきているといった記事です

以前は、年を経て現役を引退してから等の慈善活動が主であったものが
ビルゲイツからIT起業家達がこうした大きな慈善活動を行っているとこと
我々も同じく、稼げなければこうしたことはできません

自分で使い切ることができないくらいに稼げているからできることであり
稼げる人はしっかりと稼がなければいけない
そう自分は思います

強い人間が弱きを助ける
体が丈夫な人がしっかりと働き、体が弱い人、
高齢者や子供など働けない人を支える

これが、社会の仕組であると思います
自分が食べれるだけで十分・・・
自分が楽しく遊べれば十分・・・

こうした考えでは社会は支えていけません
ビルゲイツやザッカーバーグとまではいかなくとも
我々、健常者はしっかりと働き、多くを稼いでいかなければいけない

自分はそのように考えます
もっともっと、稼ぎましょう!
稼げる形を作りましょう!

そうすることで、世の中を支えることができるのです。
かぶら屋で独立!
ここには、しっかりと稼げる仕組みがあります。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック