FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
商品から考える
プロダクトアウト・・・商品ありきでそれをどう売るか?
そこからの発想はすごく難しい・・・
想い描くものが浮かべればすっと行きますが

商品を見て、これはいける!
そう思えるものとは、市場イメージが湧くもので
こうしたシーンには間違いなく受けるだろうな~

誰しもがわかりやすい商品であればなんとなくわかります
お店も一緒ですが、外から見てなんとなくわかるお店
なんとなく入りやすいお店ってあると思います

そういうお店、商品であれば、売り易いのでありますが
全く知らないもの、認知されていないもの
すごいとはわかっても、その使い道のイメージが湧かない

その売り方のイメージが湧かないものをどう市場創造するか?
こうしたことをメーカーさんや問屋さん、生産者は繰り返しているのですが
その売り方、プロダクトアウトの発想からの売り方から

学べることがたくさんある
マックの創業者のレイクロックがミルクセーキを同時に作る機械
「マルチミキサー」を販売している時にマックのお店を見て

このお店を展開していけば、マルチミキサーが売れるのではないか?
そんなことから、マックのFC化を始めたということを聞いたことがありますが
売り方を考える

まさしく、そこから、市場が創造される。
車を販売する際にも、消費者の利用シーンを訴えて
憧れの生活を創りあげて市場を創造する

利用イメージ、お客様に利用シーンを伝えること
使い方のイメージを伝えること
便利さを伝える⇒お店ではその美味しさを伝える事です。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック