株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
かぶら屋らしさとは?
本日は朝から店長会が行われましたが
そこで飛び交っていた言葉が、「かぶら屋らしさ」
何か、聞いていてうれしくなりました

それぞれが、「かぶら屋」とは?
そうしたことを理解し、それをどう、新人に教えていくか?
作業を教えるのではなく、かぶら屋をわかってもらうには?

そんな観点からの話が飛び交っておりうれしく話を聞いておりました
しかしながら、そんな中でも作業が中心で物事を考え教えている人
作業が自分たちの効率を上げるための理由によってしか教えられていない

教え方を誤ると、目的が変わってしまいます
自分たちの効率が優先ではなく、あくまでお客様から考えること
バディに自ら考え行動できる人材を育成するのであれば

作業から教えるのではなく、お客様の立場から教えること
その教え方が違いますと、全てが店側の都合になってしまうのです
お客様にとって?

自分がお客様だったら?
こうしてもらった方がうれしくない?
営業中における業務は全てお客様から物事を考えて教えること
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック