株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
豚の生食提供禁止!
厚生労働省は、豚の生肉や生レバーの飲食店での提供禁止を、12日から実施すると決めた。2日に食品衛生法の基準を改正し、自治体に通知した。豚の生レバーなどはE型肝炎ウイルスに感染する恐れなどがあるため、厚労省は、規制前でも十分に加熱して食べるように注意を呼びかけている。禁止後に違反した場合、懲役2年以下または罰金200万円以下を科すことができる

以前から、豚の生食は良くないことが言われ
レバーの刺身には3%の確率でE型肝炎のウィルスが存在して
感染のリスクがあるということが報じられてきました。

かぶら屋では、10年ほど前に、北海道での調査報告記事が
新聞で取り上げられたことを期にレバーの生食を止めました。
情報を知りながらも、鮮度が良いから、大丈夫など無知な提供者がおり

牛のレバーの生食が禁止された後、豚のレバーを代わりに提供するお店が増え
結果として、E型肝炎の患者数が2012年以降急増していたそうです。
こうした、結果から、今回ようやく禁止、罰則の規定が発表されました。

食中毒のようにその場で感染が確認されないために
食べる側の責任とされて生食のリスクは解りながらも提供されていた
何度も、ここで書いてきましたが、ウィルスは鮮度の問題ではありません

鮮度がよくても豚が持っているものなので、感染するリスクがあるのです
お肉の生食は危険なのだと先人から教わった通りなのです
串焼きでも炙りで~とか、レアーで~

そんな注文をされる方がいらっしゃいますが、かぶら屋では提供できません。
自分たちが食べたくないものを提供しない。
自分達が美味しい!食べたい!

そう想うものを提供する。
売れるから、売るのではないのです。
それが私たちのポリシーです!
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック