FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
客数の中身
来店客数の分析をしますと、男性客、女性客、
世代構成、一人客、グループ客、初めてのお客様、常連のお客様等
単に客数という数字の中身も分解することができます。

ここでは、客数を新規のお客様とリピートのお客様に分けてみます
来店しているお客様はまず、この二通りのどちらかです
更に、新規のお客様がどうやって入って頂いたのか?

そこを分析してみますと、①口コミ②店前来店③販促での来店
(その他、連れて来られて・・・この方は口コミに含めさせて頂きます)
来店されているお客様をこのように分析してみますと

お店に新規で入店して頂くためには
基本的にこの3つの方法しかありません。
よって、新規でお店をオープンした場合、口コミということはありませんので

②と③による方法しか取れないのです。
販促にもいろいろな方法がありますが
②の店前来店については、空中階で目につかない

店前来店が無いお店の場合には③の方法をとるしかありません
逆に、③の方法をまったくとらない場合には
③に替わる告知方法を考えていかなければいけません

③に替わる方法とは?
販促をしなくとも、気になるお店
看板の作り方、中身がわかりやすいお店の創りなど

お店そのものが看板になるような見せ方が必要となってきます
客数の中身!
そこを分析してみますと、やらなければいけないことが見えてきます。

売上も同じ。
売上と捉えるだけでなく、売上とは?
構造を考えることです。

その構造を考えていくことで、何をしなければいけないのか?
中身が見えてまいります。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック