株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
メニューを絞る
メニューを増やさない。
個人店では、色々なメニューがどんどんと増えていくお店があります
色々なメニューがあってお客様にとっては確かにうれしいことかもしれません。

かぶら屋ではいろいろなメニューを増やすことを禁止しています
定番のメニューの他に番外メニューを5種類程度
それ以外は販売してはいけないというルールにしております

色々とやりたくなるのは良くわかります
お客様に喜んで頂けますから!
しかしながら、かぶら屋ではそれをさせません。

なぜならば、かぶら屋はちょっと寄って一杯やってというお店です
そうしたお店で、メニューがたくさんありますと
選ぶのに迷います

ちょこっと寄って一杯やろうと思うのに
メニューがいろいろあって何を頼んで良いのかわからない
お奨めが一覧になっているものがあると

つい、そこから注文することになりますが
定番ではないものが別メニューでありますと
結果として定番が売れなくなります

お店の一番の売り物である、串焼きや黒はんぺんフライ
黒おでんがお客様に伝わらずその他の一品を食べることとなり
結果として定番の売れない商品がたくさん生まれることにもなります

その他にもいろいろと問題が生じます・・・つづく
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック