株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
視点の違い
お店で仕事をしていますといつしか違ってくることがあります
視点が変わってしまうのです
自分のやりやすいように・・・

自分たちがやりやすいように・・・
作業の効率化・・・
そこにお客様が介在していればいいのですが

お客様にとって?
という視点から入れば問題はありませんが・・・
いつしか、注文に追われ、注文をこなすことが仕事となり

そこにはお客様が介在しなくなります
商品が早く出ているか?
それだけが優先されて・・・

お客様が何を求めているか?
早さも大事です。
しかし、良い商品がありきです。

いい加減な商品を早く提供されてもそこには価値は生まれません
お客様の見ている視点と働く人の視点
いつの間にか違ってきます。

いつも、お客様から物事を考えること
全てはお客様優先なのです
ここから離れてしまっては何の価値も生まれません

結果としてお客様は自然と離れていくことになるのです
こうしたお店にファンは生まれません
必要とされないお店となるのです
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック