株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
バターが品不足が続いています・・・
ここ何年かバターが品不足で安定しておりません。
加工用のバターやマーガリンのような加工品は手当できますが
純粋なバターはかなり逼迫して割り当て制となっております。

生産者が年々、減少しているということも原因の一つと伺います
だからと言って、輸入をフリーとしますと
更なる国内の生産者を苦しめることになります。

ですが、実際にスーパーの売り場にもほとんどバターが並ぶことはありません
我々が使用したくとも、安定して仕入れることもできません。
おそらく、ケーキ屋さんは大変なことになっているのだと思います。

以前は知り合いの酪農家の方から、バターを買ってもらいたいと言われ
実家では毎年、バターを買っていたことがありました。
酪農家がメーカーから販売を割り当てられていたのです。

今は酪農家さえ、自身の生乳で作ってもらったバターを購入することができません。
こんな状況が数年続いているのですが・・・

一向に改善されていきません。
牛乳やヨーグルトはいまだ特売商品の対象になっているというのに・・・
そういう問題ではないのだとは思いますが

海外製品を高関税ででも構いませんから、
品物を安定させる努力をお願いしたい
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック