株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
なんとなくずれて行く・・・
毎日、毎日、同じことを繰り返していくわけですが
人って、ずれて行きますよね・・・
グランドに線を引いたら皆、曲がります。

目標が先にあれば、曲がりながらでもそこに向かいますが
目標となるものが無いと斜めにいってもわからない・・・
お店も同じことなのです

人のやることですから、いつもと同じくやっているように思っても
何気に曲がっていることに気がつかず
自分ではちゃんとやっているつもりでいても

大きくずれていくのです。
ですから、そこを見てあげる人が必要で注意してあげる人が重要で
それを素直に受け入れる己が大事なのです

ずれているのを察知するのはまずは売上です
売り上げが下がる。
客数が下がる。

何か間違いなくずれているからお客様が離れていくのです。
そのズレを察知すること。
数字の変化を他責にせず、自らをまず、よく振り返ること

線を引いて後ろを振り返ったら曲がっていた!
そう気づくように、見る位置を変えてみることです。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック