株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
店舗開発の見方
先日も物件を見て歩いてきましたが
どう物件を判断しているのか?
参考までに自分の見方をご紹介します

物件情報を頂いて良さそうな物件であればすぐに見に行きます
今はグーグルの地図が非常に便利になっており
パソコンでおおよそ判断がつきます。

パソコンでは物件の見え方、間口や周辺の状況など
かなり、机上で判断がついてしまいます。
現地で見るポイントはまずは、周辺のお店の状況です

同じような利用動機のお店がどのような入り方をしているか?
早い時間と遅い時間、土曜、休日、平日に見て
どういった方が周辺を歩き、どういった方がどのような利用をされているか?

そんなことを見ながら歩いています。
人通りが多い街は惑わされます。
お店の主客層ではない人達(我々の場合は学生や買い物客など)

人が多いからと良いのではなく、どういう人がどういう流れをしているか?
そこが問題になります。
この時間にはこういう人がこういったお店に入っているだろうな?

そんなことを考えながら、お店をのぞいてみます。
それが外れますと、また、考えます。
それの繰り返しで、その物件の周囲の状況を判断します。

物件探し・・・最後の判断基準は
自分がお金を借りてこの場所で店をやれるか?
そうした判断で見るように担当には話をします。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック