株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
ILUOによる見える化
かぶら屋では入社してから店長になるまでの できなければいけないことが表にされて全体の進捗確認を 毎週行っております。 単にできるできないのチェックではなく ILUOの評価基準にのっとってその進捗確認を行っております。 要は、教えていてできないのか? 教えていなくてできないのか? できるといってもどの程度できるのか? これが、わからなければ、お店の戦力状況がわかりません。 なかなか、店長になれない人のどこに問題があるのか? 店によって、店長によって人材育成のスピードも違ってきます その問題を見える化して、技術面が遅いのであれば その技術面を教える教え方に問題がないか? 教える環境に問題がないか? 教える人に問題がないか? こうした改善を行うことになります。 なかなか、習得ができなければ、相性の問題もありますので 異動も行います。 できないポイントがわかれば教える人を変えて、 その項目に長けている人に教えてもらうこともできます。 作業の見える化? 人材の育成にとって重要なところです。 【ILUO評価基準】 [I] 指導を受けながら作業ができる  [L] 1人で作業できるが、指導を受ける場合がある [U] 1人で作業できる [O] 作業を熟知し、指導できる こうした基準を基に弊社独自の評価基準を設けております。 by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック