株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
最低賃金がまた上がります!
昨年10月に改正されました、最低賃金ですが
また、この10月から改正されます。
昨年も東京は19円の時給が上がりましたが

今年も19円アップとなり、1年ちょっとで38円ものアップとなりました。
神奈川は東京と1円の差しかありませんが
埼玉、千葉は同じく隣接県でありながら90円くらいの差があります。

埼玉 802 (785)
千葉 798 (777)
東京 888 (869)
神奈川  887 (868)

最低賃金のアップについては、生活保護費との逆転減少の解消が目的
今回、ようやく働かない方が得となるような賃金ではなくなります
実際の時給という見方からしますと、現状この時給では人材は集まらず

時給で働くアルバイトの方の最低賃金という問題よりも
一般の社員雇用時の問題が多く関係することに注意が必要です
飲食店では月間300時間を超えるような過重労働がよくあります。

300時間の労働となりますとこの最低時給を割り込まないことは元より
残業手当も計算に入りますので社員や契約社員等で雇用した場合に
この問題を注意していく必要があります。

独立=人材を雇うことになりますので
働く人のことを考えていかないと大きな問題に繋がります。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック