株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
流行るお店と流行らないお店の違いは何?
かぶら屋の研修の中でもいつもテーマにして考えてもらっておりますが
先日、お店を見て歩いておりましたら、隣同士の大衆酒場
一方は満席で外にまで溢れ、一方はチェーン店ですがガラガラ

ガラガラだと余計に入りにくくもなり、満席のそのお店には
外で立って待つお客さんまでとなりました
商品を見てみますと、満席のお店のお値段はかなり高い

飲み物も料理も、お店の中は一人では入れないようなテーブル席のみ
複数人数で大盛り料理をシェアして食べるそんなお店です
もう一方は串揚げ屋さん

お値段も高くなく、少人数でも気軽にさくっと行けるお店です
この違いはなんでしょう?
そんな見方をして普段、色々なお店を見て歩いておりますが

繁盛店の方の大将の接客がなんともいい感じ
我々世代にとっては間違いなく、この大将のお店を選びます
一方のお店はアルバイトが中心で若い人向けの感じを受け

ためらいます。
サラリーマン層にとっては、やはり、こっちなんだろうな~
おそらく、週末や夜遅くにはお隣なんだろうな~

同じような大衆酒場でありながら、明らかにターゲットが違い
お隣同士でも共存しておりました。
お店の作り、そして、スタッフ。

なんとなく、わかる気がします。
若い人お店ですと、売上の波が生まれます。
親父主体の店ですと、平日も週末もあまり変わりません・・・

面白いです・・・
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック