株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
独立をしたその先に何を考えるのか?
飲食店で独立を目指す人
独立がゴールになっていませんか?
ほとんどの人がその先を描けずに独立してから苦労します

自分だけでお店はできませんから、そこで働く人が必要になります。
働く人はただ働きにきてもらえてお金を払えば良いのではありません
やりがいがなければ続きません。

これは、誰でも同じことです。
自身もそれぞれが、そうした体験をしてきているはずですが
自分でお店を始めますと、そんなことは忘れてしまって

店主になれば、雇用主になってお金さえ払えばやってくれると思ってしまう
サラリーマン時代にはこの会社にはビジョンがない!
そんなことを言って、会社批判をしていた人もいたでしょう・・・

同じように、働く仲間も将来が描けなければ離れていくのです
ある程度の年齢までは皆、一生懸命働いて
少ない給料で休みも少ない環境でも頑張ってもらえるのですが・・・

ある程度の年齢、結婚を考えたり、結婚して子供が生まれたり
一人の生活ではなく、人を支えなければいけない環境になって
初めて、考えるようになるのです。

そうした時に、将来が描ける会社、お店であれば、続くのですが
将来が描けない環境におりますと、離職へとつながるのです。
どうした経営を目指すのか?

そこが問題です!
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック