株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
セブンイレブンとその他のコンビニとの差
研修の中で毎回このテーマを取り上げます。
セブンイレブンと他のコンビニとの日販の差について
過去は30万以上もその差があり、

現在は大手に集約されてファミマとローソンとの差が15万くらいとなっていますが
それでも1日の売上がこれだけあるというテーマで
なぜ、これだけの差が生まれるのだろうか?

そんなことを考えて議論してもらっております。
都度、色々な意見が出ますが
今回のメンバーからは、そこがかぶら屋の研修の教わっている

「店力」の差だ!
そんな結論となりました。
抽象的な感じを受けますが、姿、形はいくらでも真似ができますが

真似ができないものがある。
その差がこの売上の差なのだと。
ファミマもローソンもその他のコンビニも皆、同じように見えるのです

しかしながら、実情は1日の平均売上の差が15万。
月商で400万以上も違ってくれば、自ずと収益の差が生まれて当たり前
Tカードがあるから、ファミマが本来良いのですが

セブンの方が買いたいものがある
そんな意見もありました。
ローソンの方がおにぎりは美味しい!

そんな意見もあります。
外からは同じようにしか見えないのですが・・・
実際にはこれだけの差が生まれ、更にその差は広がっております。

店数は圧倒的な差が開いてきています。
この差が何なのか?
学ぶべきことが本当に多くあります。
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック