株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
食欲シニアが消費動かす!
朝刊に出ていた記事です。
高齢者が焼肉屋ステーキ店、ハンバーグ店に足を運ぶと・・・
年を取ったら粗食・・・こんな長生きの秘訣はもう古い!

65歳以上の高齢者の肉類の購入額が10年で16.7%上昇だそうです
こんなデータを見ますと、頷けます。
老舗のとんかつ屋さんに行きますと、何故か?

圧倒的に高齢者が多いことに驚きます。
年取ると、脂ものが・・・そんな風に感じるのは40を超えて・・・
確かに牛丼を食べることはなくなりましたが

肉食は若い頃よりは減っても焼肉を食べたくもなりますし
ビュッフェでステーキやローストビーフがあれば並びます
とんかつももちろんのこと・・・

毎日ではもちろんありませんが、頷ける気がします
魚の需要が減っているように言いますが、
提供の仕方の問題なのかもしれません。

故に手軽なお肉に流れ、お肉は元気になる気がする。
元気になるためにお肉をがっつりと!
鰻と同じく、そうした需要を取り込んでいる気がします

若者はダイエット、ダイエットで粗食化し
シニアが活力の素として・・・食欲シニアが消費を動かす!
by tsukumo
スポンサーサイト
かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック