株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
店舗の見え方
物件を二つ見てきました。
過去に出ていた物件が今どうなっているか?
その確認にも行ってきました・・・

物件には見え方があり、お店ができた時のことを描き判断をしますが
そんな物件でも上手に内装を施して使われるお店もあります
今日、見てきたお店は3~4年前に造作ができないと判断し

お断りをした物件です。
場所の問題は全くなく、ここにかぶら屋があったら・・・
そんな物件でしたが、厨房が奥にしか作れない物件で諦めました

そのお店を今日、見ましたら、すごく上手に内装されていました
こんな、造り方であれば、この物件活かせたな~
そんな感想も受けましたが、どう見ても違法建築です

違法建築で途中でダメ!
と言われても、困ると思い、その時にあきらめた物件です
良い場所で、いい形なのですが、やはり、無理な物件でした

それでも、内装の仕方によって見え方が変わり、
自分の描く範疇にないお店の造り方があるんだな~
すごく勉強になりました。

見せ方を考えられる
それが、デザイナー、店舗デザイン
プロの仕事を感じました
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック