株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
かしら
かしらと呼ばれる部位はその名の通り、頭のお肉ですが
頭のお肉もコメカミの部分と頭の周囲の部分のお肉があります
一般にはこのコメカミがかしらとして販売されていますが

エリアによっては、この頭の周囲の脂が多い部分をかしらとして
販売しているエリアもあります
東松山にはやきとり屋さんが多いのですが

焼鳥ではなく、やきとり屋さんなのです。
やきりと屋さんはこの頭の周囲のお肉を使用してネギ間にして
唐味噌をぬって食べる食べ方が主流です。

かぶら屋ではこの頭の周囲のお肉をかしらの白として提供しています
かしらの赤はこめかみの部分です。
コメカミは赤身の肉で歯切れがよく脂身も少ないお肉ですが

かしらの白はアブラとして販売しているところもあるくらい
脂が殆どです。
しかしながら、この脂はいわゆるトントロの部位とつながった場所のため

ベトベトした脂ではなく、しこしことした脂身で美味しいのです
タレも美味しいのですが、この部位は自分は塩が好きです
塩とブラックペッパーで焼き上げて唐味噌をぬって食べる

けっこう行けますよ~
by tsukumo
スポンサーサイト
かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック