株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
食品メーカーの進化
食品問屋さんの展示会にお邪魔してきました
毎年、色々な展示会で勉強させて頂いていますが
大手の食品問屋さんの展示会は

その年、その年の情報、将来の絵図、流行などが発信され
勉強になることがすごく多くあります
今年のテーマには2020年の東京でどう変わるか?

高齢化社会がどう消費の変化を生むのか?
それによってのIT分野など、様々な企業とのタイアップがあり
食品問屋さんでありながら、IT関連の企業さんとのコラボ

IT業界と流通業界とが一緒になり
新たな消費のスタイルが提案されていました
新たなと言いましてもその時代がもう、そこに来ているそんな気がしました

小売業界を見ますと、社会を反映して色々なものが生まれます
個食化、労働人口を増やすため、女性の社会進出を後押しする政策
ここから生まれる消費の変化

調味料を色々と揃えずとも簡単に本格的な料理ができる調理法
無添加の商品をチルド流通させ従来のインストア商品と違い
工場で加工された本格的な料理を流通する仕組みなど

従来の展示会と言えば、醤油メーカー味噌メーカー、お酢やみりんなど
素材メーカーが多く出店されていたものが
流通業界のトレンドはかなり変化しています

我々業界も同じです
従来のような加工品をただ、提供方法をちょっと変えて出すだけの
そんなごまかしの商品はもう、通用しません

もっともっと本質を追求する企業が生き残る
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック