株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
一人ひとりが経営者
かぶら屋では独立を目指す人を募集して採用を図り
独立を目指す人が各店で働いています。
先般、JALの記事が日経に出ておりましたが

「ひとりひとりが経営者」「一人一人がJAL」
キャビンアテンダントの人、一人一人が自分で販売する商品を確認し
自信を持って乗客に勧められるから売上が伸びる

部門別採算でその成果がすぐにわかる
「こんなに売れたんだ」
数値化された成果を見ることでもっと頑張ろうという元気が出る

着陸時、エンジンの逆噴射を使わずにブレーキで止まることで
1回で10万円の燃料節約になる。
こうした施策で毎月1億4千万の燃料費の節約

「一人ひとりが経営者」という稲盛哲学の浸透でパイロットにも
コスト意識が格段に高まった
また、コスト削減一辺倒にならず、安全が第一

判断に迷った時には「JALフィロソフィー」に立ち返る
「人として何が正しいか、と考えれば答えは見えてくる」
まさしく自分たちにも同じことを考えてやっております。

一人一人が経営者であるべき!
お客様に喜んでいただく事で対価が発生する
そこからしか始まらない。

働く全ての人が想いを共有し、喜んで頂いたことで売上があがり
その売上が上がったことを体感することで成果を共有し
一体感が生まれ、チームとしてまた成果を求めるようになる

収益もまた、一人一人の細かなことの積み重ね
「一人ひとりが経営者たれ!」
そのためには数値化して見える化を図り成果を共有することです。
by tsukumo
スポンサーサイト
かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック