株式会社かぶら屋社長の「小さな居酒屋 かぶら屋」への熱き想い。
O-157感染者拡大
今年に入ってまた、O-157の感染者が拡大しているそうです。
焼肉チェーンの集団食中毒事件によって生レバーや
ユッケが禁止になり、減少傾向にあったそうですが

禁止ではない馬刺しに各社がシフトし馬刺し要因で4割が感染
こんな記事が先日の新聞で報道されておりました
7割が39歳以下の方であったために、亡くなる方はいませんが

高齢者や子供が感染したら大変なこととなります。
生のお肉を食べないことが一番なのですが、
生の内臓や生肉を鮮度が良いからと提供するお店があります

焼肉店では、禁止食材ではないハツ(心臓)がユッケとして提供され
焼き鳥屋さんでは、レバーや鳥刺しが普通に生で提供されます
鳥にもカンピロバクターがあり、これも食中毒原因です

ラーメン店でも麺から黄色ブドウ球菌による食中毒が発生しています
我々、食を提供するものは、お客様の口に直接入れるものを提供するわけですから

お客様の命に関わる重大な問題です。
手洗い、食品の扱い、消費期限管理などまずは、知識を身に付け
衛生管理を徹底することです!

暑くなって、体も弱ってきます
もちろん、菌の繁殖も早くなり、食材が傷みやすくなる時期です
衛生管理を徹底していきましょう!
by tsukumo
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック