FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
赤もつの種類
かぶら屋の串焼きのメインは新鮮な豚のモツですが
モツには前回、書きました白モツと赤モツがあります。
今日は赤モツの種類をお話したいと思います

かぶら屋で扱う赤モツは
タン(舌)、ハツ(心臓)、レバー(肝臓)、カシラ赤(こめかみ)
ハラミ(横隔膜)この5種類あります。

全て串にさして1本80円(税抜)ですが
それぞれの特徴を自分の好みでお話しますと
タンはまず、塩で食べてもらいたいですね~(^^)

タンは癖がありませんので、塩で食べると脂があって歯切れもよく
美味しさがわかるように思います
赤肉ではハラミが一番のオススメですが

このお肉は非常に希少な部位ですのでおおっぴらにはオススメしたくはありません(vv)
人気メニューになってしまいますと、品切れを起こします

今でも、屠畜の頭数が少なくなると入荷がなくなる日があります
このお肉は冷凍しますと、身が痩せて美味しくなくなります
冷凍に向かないお肉のため、かぶら屋のお肉の美味しさが

すごくわかる商品の一つではないでしょうか?
このお肉は豚肉とは思えないような
牛肉のような脂感と味があってタレでも塩でも美味しいお肉です

希少な部位ですから皆さんが召し上がれるように・・・
お一人一日一本くらいにしてくださいね~(^^)
今日はハラミのお話でした・・・
by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック