FC2ブログ
独立開業支援 「大衆酒場 かぶら屋」
多数決に判断を委ねるな!
少数意見が正しいこともある。
兎角、多数決により物事は決まりがち。
国会でもそうであるが、もちろん議論はする。

そこで少数意見を耳にして、議論をする。
最終的な判断は多数決。
国会でも同じことであるが、これが民主主義かもしれません。

しかし、本当にそれが正しい判断か?
少数意見が正しい場合がある。
司法はそうではない。

今回、始まる陪審員制度はこの多数決が取り入れられるものであるが
従来の司法はそうではない。
双方の意見をよく聴き、最終的に裁判官が過去の事例も見ながら判断を下す。

会社も同じではないかと思います。
色々な意見がありますが、最後は責任者の判断で物事を決める。
多数決によってすべての物事を決めていたら

間違った方向に進んだ時に、誰も責任が取れない。
みんなの責任となる。
間違っても、誰も責任をとならくてよいやり方がこの多数決である。

会議の決定によって、皆で決めたことでしょう!
なら、仕方無いですよね・・・!
意見は聞き、議論を重ね最後の判断はトップが行う。

または、そのグループのリーダーが行う。
そういった組織にならなければ、いけないのではないでしょうか?
多数決によって物事を決める世の中だから、

根回しが必要となり、ネゴシエーションの世界。
そこに派閥が生れ結果としてリーダーシップがとりずらい世の中となる。
それが、今の政治の世界でしょうか?

それでも人を動かす!
世の中を動かすだけのリーダーが不在なのか?
リーダーが生まれずらい世の中の仕組みになっているように思う。

by tsukumo
スポンサーサイト



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

かぶら屋で独立をお考えの方はこちらをクリック!「かぶら屋フランチャイズ加盟案内サイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック